借金返済弁護士司法書士画像

借金返済の無料相談をする際に、誰に相談すればいいのか悩む人も多いですが、基本的には債務整理に対応している弁護士や司法書士に相談すれば問題ないです。

ただ債務整理に対応しているすべての弁護士や司法書士が債務整理の相談を受け付けているというわけではないので、事前にしっかりと無料相談を受け付けているのかしっかりと確しておく必要があります。

では借金返済の相談を弁護士か司法書士かにする場合に、何か相談に関する回答の違いなどはあるのでしょうか?

借金返済の無料相談に弁護士と司法書士に違いはない

借金無料相談弁護士司法書士違い

借金返済の無料相談を行う場合には弁護士と司法書士に違いはないので、好きな方に借金返済の相談や債務整理の相談をするといいと思います。

ただ実際に任意整理や個人再生、自己破産などを債務整理方法を依頼する場合には、弁護士と司法書士で色々な違いがあるので注意が必要です。

基本的に無料相談するだけでなら、弁護士か司法書士かによって回答に違いが生じるということはないと思うのでどちらに相談しても問題ないです。

しかし借金返済の無料相談をした際に、債務整理の手続きの話になることもあるので、そういったことを見越して、できるだけ弁護士と司法書士の違いを理解してから相談するようにした方が効率的です。

では債務整理について弁護士と司法書士で何が違ってくるのでしょうか?

債務整理は弁護士か司法書士に依頼するのが一般的

債務整理を弁護士や司法書士に相談画像

借金返済が難しくなった場合に、多くの人が利用するのは債務整理という法的に借金を減額したり、0円にする方法です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という方法がありますが、どの債務整理方法も一応個人が手続きを行うことができますが、基本的には弁護士や司法書士に依頼して行うのが当たり前になっています。

債務整理は個人でも行うことができるので、弁護士費用を支払うなら自分でやった方がいいのではないかと思う人もいますが、弁護士や司法書士に依頼するメリットがあります。

まずは債務整理の手続き事態が非常に複雑だということです。個人が手続きを行うと多くの場合には途中で挫折します。

債務整理を行うためには借金金額を正確に把握するために色々な資料が必要になってきて、足りない資料は借金している業者から取り寄せる必要があります。

しかし金融業者からからすると債務整理されると損になるので協力的ではないです。そういった場合には弁護士や司法書士が相手だとちゃんと資料を提供してくれるようになります。

また弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると取立てをストップしてくれるというメリットもあります。

個人が債務整理の手続きを行うと、手間がかかるのでそれだけ借金の利息なども詰みあがってしまって結局損をする可能性があります。

弁護士や司法書士なら手続き期間中は返済をストップすることができ、その間に生活を立て直せます。

さらに裁判所とのやり取りもあったり、訴訟になったりしてしまった場合に、個人でそれを行うのはかなり負担が大きいです。

実際に債務整理の行う人の9割以上は弁護士か司法書士に依頼して行っています。

弁護士と司法書士で何が違うのか?

弁護士と司法書士の違い画像

借金返済の法的手続きである債務整理を弁護士か司法書士かに依頼する場合に、弁護士と司法書士とでは何が違ってくるのでしょうか?

そこで弁護士と司法書士の違いについて気になる部分を解説しているので下記を参考にしてください。

弁護士と司法書士では手続き範囲が違う

弁護士と司法書士の債務整理での大きな違いは、司法書士の場合には基本的な仕事は書類作成にあります。

そのため裁判所を通して行う個人再生や自己破産の場合には、依頼人が自分で手続きに行く必要があったりします。

そもそも司法書士は弁護士の補助的な役割なので、債務整理についても限られた範囲でしか業務を行うことができないです。

弁護士のほうに債務整理を依頼すると、手続きを丸投げすることができるので、債務整理の手続きをすべて任せたい場合には弁護士に依頼するといいです。

債務整理費用はどっちが安い

債務整理の依頼料金は司法書士の方が安いです。

上記でも説明していますが、司法書士の場合には書類作成業務が主な仕事なので、弁護士よりも担当できる法律業務が狭いということで司法書士の方が料金が安くなります。

しかし、債務整理の手続き費用は司法書士の方が高い場合もあるので注意が必要です。

つまり債務整理の手続き費用と弁護士料金を総合すると、弁護士と司法書士で費用総額が同じくらいになることもあり、必ずしも司法書士が安いとは限らないので注意しましょう。

基本的に弁護士と司法書士の業務い違いがないような手続きの場合には弁護士と司法書士で料金に違いはないと思っていいです。

司法書士には140万円の規制がある

債務整理を行う場合に、個別の借金金額が140万円を超えるような場合には交渉や訴訟などの手続きを司法書士は担当することはできないです。

昔は可能だったのですが最高裁判所の判決で規制が設けられるようになりました。

これは過払い金返還請求にも該当することなので、借金の金額が140万円を超えてくるような場合には弁護士に依頼することになります。

個別の借金が明確に140万円以下なら問題ないですが、借金の金額が140万円を超えてくるのか怪しい場合には弁護士に依頼するのが無難だと思います。

弁護士と司法書士では借金返済の債務整理手続きでこのような違いがあります。

司法書士には色々な制限があるので、基本的には弁護士に依頼しておけばいいと私は考えます。

借金返済の無料相談が可能な弁護士事務所とは

借金返済無料相談弁護士事務所画像

借金返済で困っている場合には専門家に相談するのがベストです。

私も昔は借金返済で苦労したことがあり、利息がとんでもない額になってしまって、一時期は返済を諦めていた時期がありました。

そんな時に周りの人からの説得があり、弁護士に相談して債務整理という手続き方法があり、それを行ってもらって生活を立て直した過去があります。

借金問題で悩んでいるなら専門家に相談する価値は十分にあります。私自身も、もっと早く弁護士などの債務整理の専門家に借金返済の相談をしていたら、お金の問題で長年悩まなくて良かったと感じています。

あまりに借金の金額が多くなってくると、人間は返済を諦めてしまい、働いてもお金が利息で消えていくような状況だと働く意欲もなくなってきます。

こういった状況だと先が見えないので、早めに債務整理をして借金を整理してしまったほうがいいです。

当サイトでは借金返済の無料相談が可能な債務整理に慣れている弁護士事務所をいくつかピックアップしているので、まずは相談してはどうでしょうか。

電話やメールフォームなどで気軽に相談することができるので気軽に利用してみてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン