アイフルは大手消費者金融の一つで、突発的にお金が必要になった際には借りれ先の候補になる消費者金融ではないかと思います。

大手消費者金融は多くは銀行系列ですが、アイフルは珍しく独立系の消費者金融という立ち位置になります。おそらく独立系の消費者金融では一番大きい会社かと思います。

アイフルは東証一部に上場しているだけでなく、最短30分の審査で即日融資が可能で、事業者向けのローン女性向けに特化したローン商品も出しています。

そのため利用者も多いのですが、中には返済しきれなくなってしまってどうしようもない状況に追い込まれてしまったという方もいます。

そこで債務整理を利用した賢いアイフルの借金返済方法について解説しようと思います。

アイフルの借金は債務整理で減額したり免除できる!

アイフル債務整理

アイフルからの借金が減らなくて返済できるか心配だったり、返済できる見込みがないのではないかと感じているなら債務整理の利用を検討するといいと思います。

昔は借金が返済できなくなると夜逃げをして借金から逃れたりしていましたが、今は債務整理を利用すれば合法的に借金を減額できたり免除することができます。

極端なことを言うと、無職無収入で10憶円の借金があったとしても、債務整理を利用することで借金が免除されて、借金問題を一気に解決することができるということです。

アイフルからの借金だけでなく、色々な理由で借金を抱えてしまって返済できなくなってしまうという状況に追い込まれてしまう方がいますが、債務整理手続きはそういった方を数多く助けてきています。

そんな債務整理手続きには任意整理、個人再生、自己破産という手続きがあります。それぞれ特徴があり、借金額やその人の収入や資産状況によって最適な債務整理方法は違ってきます。

そこでアイフルの借金を債務整理する場合にどのような成果を期待できるのか下記でまとめたので参考にしてください。

アイフルの任意整理による借金返済

アイフル任意整理

アイフルからの借金が返済できないのではないかという状況になってしまった場合に利用候補の一つになる債務整理方法が任意整理です。

任意整理は債権者と債務者が交渉によって返済条件を変更してもらい、借金の負担を軽くするという債務整理方法です。

そのため任意整理を利用することによってアイフルからの借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらうことができるという成果を期待することができます。

ただ任意整理は借金を元本から大幅に減額することができないので、アイフルからの借金の元本すら完済するのが難しいという方だと利用は難しいです。

しかし借金がアイフルだけで借金額がそこまで大きくないということなら、依頼費用も安く抑えながら利息を免除して返済負担を軽くすることができます。

また任意整理なら持ち家や自動車などの資産を残しながら借金負担を軽減できるので、日常生活への影響が小さいというメリットがあります。

アイフルの個人再生による借金返済

アイフル個人再生

アイフルからの借金額が大きかったり、アイフル以外にも多数の借入先から借金があるような多重債務状態ということなら個人再生も利用候補になってくると思います。

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、再生計画案を債権者に承認してもらうことで、その再生計画案に沿った借金返済をしていくという債務整理方法です。

任意整理と違って借金の利息だけでなく、借金の元本も減額することができる債務整理方法なので、借金額の利息だけでなく元本が大きくて返済できないという方でも借金を減額することができるというメリットがあります。

借金の減額幅は最大で借金を10分の1まで減らすことができます。これってかなり大きな減額幅ですよね。もちろん全てのケースでこのような減額幅になるわけではないですが、借金が一気に10分の1まで減らせたら、完済の可能性は十分に出てくると思います。

また個人再生なら家をそのまま残しながら借金を大幅に減額することも可能です。

ただ個人再生は借金額が大きいほど借金の減額幅が大きくなるので、借金額が小さいケースだと、思うような成果を期待できないかもしれないです。

個人再生はどちらかというと借金額が大きい方に向いている債務整理方法と言えると思います。

アイフルの自己破産による借金返済

アイフル自己破産

アイフルからの借金が返済できないということになってしまったら自己破産を利用して借金を整理するという事を考えてもいいと思います。

自己破産は裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるという債務整理手続きで、アイフルから多額の借金があって、仕事をクビになってしまったり病気で働くことができなくなってしまって、返済するあてがなくなってしまったとしても、自己破産することによって借金問題を解決することができます。

自己破産すると資産全てが没収されてしまったり、戸籍などに破産者履歴が残るなどのデマが流れてしたりしますが、没収されるのは自動車や持ち家などの高額資産だけで、スマホやパソコンやテレビなど生活に必要なものは普通に残せます。また自己破産しても戸籍に破産履歴がずっと残るということもないです。

ただ自己破産は安易に利用できるというものではなく、裁判所から支払い不能状態だということ認められて免責を得られないと自己破産することはできないです。

そのためアイフルから多額の借金があったり、アイフル以外にも多数の借入先から借金があって多重債務状態で返済の見込みがないようなケースで利用することが考えられます。

自己破産は収入がなくても借金問題を解決できる手続き方法なので、借金問題解決の最終手段として活用してみてください。

債務整理後にアイフルと借入の再契約は可能か?

債務整理後アイフル

債務整理で借金を整理すれば借金返済の負担が軽くなりますが、債務整理後に収入などの減ってしまって返済余力がなくなってしまって、突発的な支出で借金が必要になった場合に、アイフルから借入が可能なのか気になる方もいると思います。

結論を言ってしまうと、債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されてしまうため、信用情報がブラックリストに登録されている5年から10年くらいは新たに借入することは難しいと思ったほうがいいです。

信用情報は借金の経歴のようなもので、信用情報機関を通じて他の金融業者と情報共有されています。そのため債務整理すると他の金融業者にも債務整理したことが知られてしまい、そのことによって借入審査に落ちることになります。

この債務整理の履歴が掲載された信用情報のブラックリストは5年から10年くらいで消えるので、それまではアイフルのような大手の消費者金融からの借入は難しいです。

またアイフルの借金を債務整理対象にしているようなケースだとさらに再契約は難しくなります。

アイフルのような大手消費者金融は自社で社内データによって顧客を管理しているので、自社の借金を債務整理した顧客のデータはしっかりと残っています。

そのため信用情報のブラックリストから解除されても、社内データのブラックによって借入審査に落ちることになる可能性があります。

アイフルの借金を債務整理する場合の注意点

アイフル債務整理注意点

アイフルは大手の消費者金融業者ということもあり、貸金業以外にもグループでクレジットカードのライフカードや、事業者金融のビジネクストという子会社を持っています。

アイフルのような大手企業では自社で社内データを持っていると上記で説明していますが、こういった社内データはライフカードやビジネクストなどのグループ会社と共有されている可能性が高いです。

そのためアイフルの借金を債務整理することによって、クレジットカードのライフカードや事業者金融のビジネクストの利用審査にも影響が出てくる可能性があります。

顧客情報が共有されていると、信用情報のブラックリストが解除されたとしても、社内データのブラックによって、アイフルだけでなくライフカードやビジネクストも利用できなくなる可能性があります。

とは言っても、アイフル以外の消費者金融などは信用情報のブラックリストから解除されれば新たな借入が可能なので、そこまで困ることはないと思います。

アイフルの借金が返済できないなら無料相談!

アイフル借金返済無料相談

アイフルの借金が返済できなくなってしまったら、早めに債務整理手続きなどの対策方法を検討したほうがいいと思います。

アイフルのような消費者金融は借金の利息が厳しいだけでなく、滞納した場合の延滞利息の負担も重いです。

借金問題はそのままにしていても利息によってさらに状況は悪化するので、少しでも返済が厳しいと思ったら早めに対応策について考えてた方がいいです。

対応が早ければ任意整理などのデメリットが小さい債務整理方法を選択することができるので、解決方法の幅が広がります。逆に借金が増えすぎてどうにもならない状況まで問題を放置すると、自己破産しか方法がなくなるということもありえます。

ただいきなり債務整理を依頼するのには抵抗があるという方も多いかと思うので、まずは気軽に弁護士や司法書士が行っている無料相談で借金問題を相談してはどうでしょうか。

当サイトではメールや電話による無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。

メールや電話による無料相談を行っているので、「とりあえず話だけ聞きたい」という方も気軽に無料相談を利用することができます。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン