プロミスは大手消費者金融の一つということもあり、プロミスからの借金が減らずに返済できないという状況に追い込まれてしまう方は少なくないです。

そんなプロミスの借金が減らないということで悩んでいる方のための賢い借金返済方法についてまとめています。

結論から言ってしまうと、プロミスからの借金が減らないということで借金返済に限界を感じているなら債務整理手続きを検討するといいと思います。

プロミスの借金は債務整理で減額したり免除できる!

プロミス債務整理

プロミスからの借金が返済できなくなってしまったら債務整理手続きによって、借金を減額したり免除することができます。

借入先によっては債務整理をすることによって連帯保証人に迷惑をかけてしまったり、そもそも債務整理することができない借金などもあったりします。

しかし幸いなことにプロミスからの借金はそういった債務整理によるデメリットはそこまで大きくはないので、債務整理を利用して借金を減額することは十分に考慮していいと思います。

ちなみに債務整理手続きをすると、信用情報がブラックリストに登録されてしまって、最低でも5年間は借金やクレジットカードが利用できないというデメリットがあります。

ただ期間限定のデメリットなので、借金問題を解決できるということを考えれば、そこまで大きな問題ではないと思います。

債務整理手続きには、任意整理、個人再生、自己破産という3つの手続き方法があるのでそれぞれ見ていきましょう。

プロミスの借金を任意整理

プロミス任意整理

プロミスなどの消費者金融からの借金を債務整理するなら一番の利用候補になるのが任意整理になります。

任意整理は債権者と交渉して借金の返済条件を変えてもらったり、利息を免除してもらうという手続き方法になります。

この場合は弁護士や司法書士やプロミスと交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を減額してもらうというのが一般的だと思います。

任意整理の借金減額幅で大きな部分を占めるのは利息免除の部分になります。利息が大きければそれだけ減額幅も大きくなるということです。

プロミスのような消費者金融は借金の利息が他の借金と比べて高いので、任意整理による利息免除の成果は大きなものになります。

またプロミスのような消費者金融は任意整理に慣れており、普通に交渉にも応じてくれることから、任意整理と相性の良い借入先という感じがします。

プロミスの借金を個人再生

プロミス個人再生

プロミスからの借金は個人再生でも減額することができます。

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、再生計画案に沿って借金を返済していくという債務整理方法で、最大で借金を10分の1まで減額することができることから、非常に借金の減額幅が大きい債務整理方法になります。

ただ借金額が小さいと大きな成果を発揮することができないので、どちらかということプロミス以外にも複数の借入先があり、借金額も大きい多重債務者向けの手続き方法という感じがします。

そのため借金がプロミスからしかなくて、借金額がそこまで大きくないなら個人再生ではなく任意整理を利用したほうがいいです。

個人再生では小規模個人再生が利用されるのが一般的ですが、再生計画案が債権者に承認されないと手続きを進められないという問題があります。

ただプロミスは再生計画案に反対することはあまり聞かないので、そういった意味では個人再生しやすい債権者という感じがします。

プロミスの借金を自己破産

プロミス自己破産

プロミスの借金を自己破産すると借金返済の義務がなくなります。

自己破産は裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所から免責を得ることによって借金返済の義務がなくなり、事実上借金がゼロになるという債務整理方法です。

債務整理手続きの中で一番強力で借金の減額幅が大きい債務整理方法になります。そのため無職無収入などで借金返済の見込みがないような方や、借金額が大きすぎて完済できないという方が利用するケースが多いです。

そんな自己破産は借金が全額免除になるので利用したいと思っている方もいるかと思いますが、借金がプロミスだけで借金額がそこまで大きくないようなケースだと裁判所から免責が出ない可能性もあります。

どちらかというとプロミスを含めた複数の借入先があって、多重債務状態になってしまい完済できる見込みがないようなケースで利用したい債務整理方法です。

債務整理後にプロミスと借入の再契約は可能か?

プロミス債務整理後再契約

債務整理すると信用情報がブラックリストに登録されてしまうので、債務整理後すぐにプロミスから借入して再契約することは難しいです。

プロミス側からしたら、債務整理して間もない方にお金を貸せば貸し倒れになる可能性が高くなるので、お金を貸したくないというのは当然のことだと思います。

ただ信用情報のブラックリスト登録は5年から10年くらいで解除されることになるので、そのあとなら審査に通る可能性はあります。

しかしプロミスを債務整理対象にして借金を整理したようなケースだと、ブラックリストが解除されたとしても、プロミスの社内データに債務整理したという記録が残るので、そのことによって借入審査に落ちてしまう可能性があります。

もしそのようなことになってしまったら、プロミスは諦めて他の消費者金融などと契約することを考えるといいかと思います。

プロミスの借金を債務整理する場合の注意点

プロミス借金債務整理注意点

プロミスは三井住友銀行系の消費者金融ということで、バックに銀行がいるという安心感からお金を借りている方も多いと思います。

ただそんな三井住友銀行系列のプロミスの借金を債務整理する際に注意点があります。

プロミスの借金を債務整理すると、当然ですがプロミスの社内データに債務整理した顧客として記録が残ることになりますが、こういったデータは系列である三井住友銀行とも共有していると考えられます。

つまりプロミスで債務整理すると、三井住友銀行のカードローンなどのサービスを利用する際の審査にも影響する可能性があるということです。

プロミスを債務整理対象にして借金を整理すると社内データで信用情報のブラックリスト登録解除後でも借入審査に通らなくなる可能性があるというのは上記でも説明していますが、データが共有されている三井住友銀行でも同様のことが起こる可能性があるということです。

こういったグループ会社での情報共有は他の会社でもある事なので注意が必要です。

プロミスの借金が返済できないなら無料相談!

プロミス借金返済無料相談

プロミスからの借金が返済できなくて困っているなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用して専門家に借金問題の解決方法について相談するといいと思います。

プロミスのような消費者金融からの借金で返済に困る方は少なくないので、借金問題や債務整理手続きに慣れている弁護士や司法書士なら適切な解決方法を教えてくれると思います。

プロミスのような利息が高い借金はそのままにしていると支払い負担が増えるだけなので、返済が厳しいと思ったら早めに相談して解決していった方がいいです。

返済が滞ると延滞利息なども発生してさらに支払い負担が重くなるので、借金状況はさらに悪化してしまいます。

当サイトでは債務整理や借金返済に関する無料相談を行っている弁護士や司法書士をまとめているので、相談先に悩んでいるなら参考になると思います。

メールや電話による無料相談を行っているので、「とりあえず話だけ聞きたい」という方も気軽に無料相談を利用することができます。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン