スマホゲームに課金しすぎてしまって廃課金者になってしまう方は少なくないです。

最近のスマホゲームはクオリティーが高いので、つい空いている時間にやってしまい、一度課金するとタガが外れたように何度も課金するようになってしまいます。

人によっては数百万円も課金してしまって生活が破綻してしまい、気づいたときには借金額が大きくなりすぎて、利息の返済すらできない状況になってしまっているケースも珍しくないです。

ここではソシャゲなどで廃課金者になってしまった場合の借金返済方法についてわかりやすく解説しようと思います。

スマホゲームの廃課金者は珍しくない

スマホゲーム廃課金者

スマホゲームのやりすぎで廃課金者になることは珍しいことではないです。

昔と比べてもゲームの質も高いですし、人気タイトルのゲームもどんどん出てきており、家庭の据え置きゲームをも凌駕していると言ってもいい状況です。

ゲームのクオリティーが高いので夢中になってしまう方も多く、そのためいつの間にか課金するようになってしまい、それが中毒のように当たり前になってしまい、いつの間にかとんでもない金額を使っていたということはよくあります。

最初は電車の通勤時間や仕事の休憩の合間に少しやっていた程度だったとしても、それが日常化すると、課金も利用してみたくなったりするものです。

またスマホゲームは登録時は無料と謳っていることが多いので、気軽に利用できてしまうというのも廃課金者が増えてしまう要因だと思います。

ではこういったスマホゲームによって借金が返済できない状況に追い込まれてしまう廃課金者になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

ゲーム課金の借金は債務整理で減額・免除できる

ゲーム課金債務整理

スマホゲームの課金額が大きくなりすぎてしまい廃課金状態になり、借金返済が困難な状況になってしまった場合には債務整理を利用して借金を整理することを検討するといいと思います。

債務整理を利用すると借金の利息を免除したり、元本を減額できたり、場合によっては借金の支払い義務を免除することもできます。

ゲーム課金の借金を債務整理するなら下記の方法が利用候補になってくると思います。

任意整理

任意整理は借金の債務者と債権者が交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらえるという債務整理方法です。

スマホゲームの課金による借金がどの程度なのかにもよりますが、支払い負担が少しでも軽くなれば完済できる見込みがあるということなら利用候補になる債務整理方法だと思います。

ただ借金の元本を減額することは難しいので、無職で収入がない方の利用は難しいと思った方がいいです。

しかし任意整理は家族に内緒で手続きすることも可能なので、家族に廃課金状態であることを知られずに借金を整理したいということなら非常に便利な債務整理方法だと思います。

個人再生

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、任意整理とは違って借金を元本からしっかりと減額することができる債務整理方法です。そのため課金額が大きいと、かなりの借金額を減らせる可能性があります。

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法なので、減額幅は大きいですが、その分だけ手続きにも手間がかかるため依頼費用は任意整理よりも高額です。

ただ借金の減額幅は非常に大きく、500万円の借金があったとしたら、最大で5分の1の100万円まで借金を減らすことができます。これだけ大幅に借金を減らせるのは魅力です。

自己破産

自己破産も裁判所でやる債務整理方法で、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務が免除されるという債務整理方法になります。

つまり自己破産で裁判所が免責を認めれくれれば、スマホゲームでの課金による借金を全て整理することができます。ちなみに自己破産は全ての借金が対象になるので、消費者金融からの借金やカードローンなどの借金もまとめて支払い免除になります。

自己破産は非常に強力な債務整理方法で、スマホゲームによる借金以外にも複数の借金があり、多重債務などで追い詰められているなら利用を検討してもいいと思います。

しかし自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が精算対象になってしまうので、資産がある方は注意が必要です。

債務整理後はまた廃課金者にならないようにする

債務整理後廃課金者

債務整理を利用することによってスマホゲーム課金による借金を減額したり、支払い免除にすることができるので、借金問題を解決することは十分に可能です。

ただ借金を整理したとしても、またスマホゲームに夢中になってしまい課金で借金を繰り返してしまっては意味がないです。

そのため債務整理後はまた廃課金者にならないように自分になり自制することが重要になってきます。

ちなみに一度自己破産すると、7年間は新たに自己破産することが難しいです。これは免責不許可事由という自己破産で免責が認められない要件にも含まれています。

つまり短期間に何度も自己破産することは難しいです。そのためスマホゲームで課金しすぎて、また廃課金者になってしまったとしても、次は裁判所から免責許可が出ずに、自己破産できない可能性もあります。

債務整理後はスマホーゲーム以外の楽しみを見つけたり月の限度額を決めておくなど、しっかりと対策をすることが大事になってきます。

ゲーム課金で債務整理を検討しているなら無料相談から!

ゲーム課金債務整理無料相談

ゲーム課金をしすぎてしまって廃課金状態になってしまい、借金額が大きすぎて完済できる見込みがないということなら、早めに弁護士や司法書士の無料相談を利用して債務整理を検討したほうがいいです。

借金問題は対応が遅れるとそれだけ利息などによって負担が大きくなります。完済できる見込みがあるなら問題ないですが、完済できる見通しが立たないような状況で放置していても解決することはできないです。

ゲーム課金で借金を作ってしまったということを弁護士や司法書士に相談するのは抵抗がある方も多いかと思いますが、こういった理由での借金は珍しいことではないです。

また最近ではわざわざ弁護士事務所や司法書士事務所に出向かなくても、パソコンやスマホを利用して気軽に無料相談を利用することが可能です。

当サイトではゲーム課金を含めた借金問題に関する無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。パソコンやスマホで空いている時間に気軽に相談できる事務所を載せているので、相談先に悩んでいるなら参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン