借金500万円となるとある程度収入がある方でも利息負担が重かったりして、返済が滞ってしまうことも珍しくないです。

またこのくらいの借金額になると、複数の借入先から借金をしていて多重債務状態になっている方や、奨学金などが借金に含まれていたりして、借金の内訳がかなり複雑になってしまっていることも珍しくないです。

借金がこれだけの金額になると返済に余裕がある方は少なく、利息だけの返済が精一杯で元本が減らずヤバいと思う方もいると思います。

ここでは借金500万円を債務整理によって完済する方法についてわかりやすく解説しようと思います。

借金500万円でも実際に返済するのは600万円以上?

借金500万円月々返済額

借金500万円だと単純計算で5年返済だと月々の返済額は約83,000円近くになります。

これにさらに利息が加わると月々の返済額はさらに大きくなります。5年返済の年率10%で500万円借りたとすると月々の返済額は106,235円になり、総支払額は6,374,100円になります。

つまり利息だけでも100万円を超える可能性があるということです。

もちろん借金の利息については借入先によって違ってくるので、もっと利息が安い可能性もあります。しかし反対にもっと高額になる可能性もあります。

また5年返済では完済できないとなると、さらに返済期間を伸ばすことになりますが、そうなると利息負担はさらに大きくなり、総支払額はとんでもない金額になる可能性があります。

あまりに返済期間が長くなると、途中で返済が滞る可能性が高くなってしまいます。ではもしも借金返済が難しい状況になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

借金500万円が返済できないなら債務整理を検討

借金500万円債務整理

借金500万円が途中で返済できない状況になってしまったら、早めに債務整理を利用して借金を整理することを検討するといいのではないかと思います。

債務整理は交渉や裁判所を利用して借金を減額したり、借金を免除する手続きのことをいいます。

債務整理は弁護士や司法書士、裁判所などが関係したりする手続方法なので、裏技的な借金減額方法ではなく正統な借金整理方法です。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理方法があり、それぞれ借金の減額場や依頼費用、手続き期間や利用条件などが違ってきます。

人によって借金額や収入額、資産状況や家族構成などが違ってくるので、債務整理を利用するなら自分にあった債務整理方法を選ぶ必要があります

そこで下記では500万円の借金を債務整理する場合にどのような成果を期待することができるのかまとめています。

任意整理で500万円の借金を返済する場合

借金500万円任意整理

任意整理は弁護士や司法書士に依頼して債権者と交渉して、借金の利息を免除してもらったり、月々の返済額を小さくしてもらうという債務整理方法です。

借金の減額幅は大きくないですが、家族に内緒で借金を整理できたり、自動車や持ち家を含めた資産はそのまま残したままで借金整理できるというメリットがあります。

特に消費者金融などのような借金の利息が高いような借金だと、多額の利息を免除することができるので、大きな成果を期待できます。逆に奨学金などの利息が低い借金が中心だとあまり成果を得ることはできないです。

ただ任意整理は借金の元本を減額するのは難しいので、最低でも借金の元本を完済できるだけの返済余力がないと厳しいです。

任意整理は基本的には3年から5年での完済を目指すことになるので、5年で借金の元本500万円が完済できるかがポイントになってくるかと思います。

個人再生で500万円の借金を返済する場合

借金500万円個人再生

個人再生は裁判所で手続きを行うことになり、再生計画案に基づいて借金を返済していくという債務整理方法になります。

任意整理と違って借金を元本から大幅に減額することが可能なので、任意整理では完済ができない方が利用を検討するといいと思います。

個人再生はある程度の借金減額幅の基準があります。個人再生は最低弁済基準額と清算価値のどちらか高い方を返済していくという債務整理方法で、清算価値は資産を精算する際の評価額のようなものです。

最低弁済基準額あらかじめ金額が決まっており、借金500万円というケースだと、最低弁済基準額は100万円になります。つまり最大で借金を5分の1まで減額することができるということです。

500万円の借金が100万円になれば完済の見込みを立てられる方も多いのではないでしょうか。100万円ならアルバイトやパートの方でも完済の見込みが立てられると思います。

個人再生も基本的には3年から最大5年での完済を目指すことになります。

自己破産で500万円の借金を返済する場合

借金500万円自己破産

自己破産は裁判所が免責を認めれば借金返済の義務が免除されるという債務整理手続きで、500万円の借金が払えないような状況でも、自己破産することによって借金問題を一気に解決することができる可能性があります。

借金500万円というような大きな金額なら、自己破産を利用して借金を一気に支払い免除にするという方法も考えられます。

ただ自己破産は手続きしたとしても、裁判所が免責を認めないと借金がゼロにならないので、裁判所が免責を出してくれるのかという見通しを立てることが重要になってきます。

目安としては無職無収入や生活保護受給者など、収入がなくて返済余力がないような方は免責が認められる可能性が高いです。また個人再生のような減額幅が大きい債務整理方法を利用しても完済の見込みがないようなケースも同様に免責が認められる可能性が高いと思います。

しかし自己破産は借金の支払いが免除される代わりに、自動車や持ち家などの高額資産が精算されてしまったり、一部の職業で職業制限が生じるなど、日常生活への影響が大きいということもわすれてはならないです。

500万円の借金を債務整理する場合の注意点

借金500万円債務整理注意点

借金500万円を債務整理する際には、債務整理それぞれに共通するデメリットがあるということは予め知っておいたほうがいいです。

どの債務整理にも共通するデメリットは「信用情報がブラックリストに登録」されてしまうということです。

信用情報は借金の履歴のようなものが、債務整理をするとその信用情報に債務整理をしたという履歴が追加されることになり、その情報が信用情報機関を通じて他の色々な金融業者に知られることになります。

そのため新たにクレジットカードを作る際や、ローンや借金をする際の審査で信用情報から債務整理のことが知られてしまい、審査に落ちてしまい利用できないということになります。

ただこの信用情報のブラックリスト登録は5年から10年くらいで解除されるので、それ以降は普通に審査を受けることができます。

まあ、債務整理後にすぐに借金できないようになるというのは、今後借金に頼らない生活をするためにも必要なことだと前向きに捉えるといいのではないかと思います。

500万円の借金返済は弁護士・司法書士の無料相談から!

借金500万円借金返済無料相談

500万円の借金を債務整理によって返済するなら、事前に弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用するといいかと思います。

借金500万円というような状況だと、任意整理・個人再生・自己破産と全ての債務整理方法の利用が考えられるので、どの債務整理方法が適切な債務整理方法7日を知るためにも話だけでも聞いた方がいいです。

借金額が同じでも収入額や資産額、家族構成や家庭環境などによって最適な債務整理方法は違ってくるので注意が必要です。

また弁護士事務所や司法書士事務所によって依頼費用や手続き期間なども違ってくるので、どの債務整理を利用したいのか決まっている方も、依頼費用の見積もりなどを出してもらうためにも無料相談は活用したほうがいいです。

無料相談を利用したからといって、債務整理しないといけないということもないので、まずは気軽に無料相談を利用するといいと思います。

当サイトは無料相談を店舗に出向かなくてもメールや電話で利用できる弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。開いている時間にメールや電話で気軽に相談できるので、相談先に悩んでいるなら参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン