借金300万円が返済できなくなってしまった場合には、色々な方法で返済負担を減らすことができます。

一番手っ取り早いのは「誰かからお金を借りる」ということですが、ただ借金を借金で返済しても自転車操業のようになるだけで、根本的な解決にはならないです。

また借金を借金で返済すると、借金の流れが複雑になってしまい、中には返済日を忘れてしまい、いつの間にか借金を滞納してしまうこともあります。

滞納すれば遅延損害金が生じますし、返済期間が長くなると強制執行で資産や給料が差し押さえられる可能性もあります。

ここでは借金を借金返済するという方法以外で、借金300万円を返済する方法について、借金返済できないということで困っている方に向けて解説しようと思います。

借金300万円でも実際に返済するのは400万円以上?

借金300万円月々の返済額

借金300万円だと単純計算で5年返済だと月々の返済額は5万円になります。

ただ普通は借金には利息が発生するので月々の返済は5万円では済まないです。

具体的には、借金300万円で返済期間5年、利息の年率が15%で計算すると月々の返済額は約7万1000円くらいになります。そして総返済額は400万円を超えてきます

消費者金融などのような利息が高い借入先から借金しているようなケースならありえることです。これって結構びっくりですよね。

額面上の借金は300万円でも利息などを考慮すると実際には400万円以上返済するということになります。

もちろん借金の内容によっては利息がほとんど発生しないものもあるので、そういった借金はまた別問題になります。

ただ基本的には借りたお金には利息が発生するのが通常なので、総返済額が300万円を超えるのはほぼ間違いないです。

借金300万円が返済できないなら債務整理を検討

300万円債務整理

借金300万円の負担は結構大きく、5年間での返済で最低でも毎月5万円の返済が必要になってくるので経済的な負担は思いです。

5万円の返済はひとり暮らしだと正社員でも結構しんどいですが、それが5年間も続くというのも負担です。それでも完済できれば問題はないです。

しかし終身雇用が崩壊している昨今では、5年間確実に返済が続けられる保証はないですし、実際に途中で返済に行き詰まってしまうケースも珍しくないです。

もし途中で返済できなくなってしまったら、他から借りるという方法もありますが、私なら債務整理を利用して借金を整理します。

債務整理は債権者と交渉して返済負担を軽減したり、裁判所で手続きして返済義務を免除するなど、実質的に返済負担を軽くすることができます

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という手続き方法がありますが、それぞれ300万円の借金を整理する場合に、どういった成果を期待できるのは下記で解説しているので参考にしてください。

任意整理で300万円の借金を返済する場合

300万円任意整理

任意整理は金融業者などの債権者と交渉して借金の利息を免除したり、毎月の返済額を小さくしてもらうという債務整理方法です。

任意整理は借金理由が問われないだけでなく、資産も普通に残すことができるので、生活への影響が小さくデメリットが小さい債務整理方法です。

借金300万円での利用も考えられる債務整理方法で、消費者金融などの利息が高い借入先が多いようなケースだと、利息の免除額が大きくなるので、高い成果を期待できると思います。

逆に利息の低い借金が多いようなケースだと、任意整理しても利息の免除額が小さいので手続きしてもあまり意味がないということになりかねないです。

また、任意整理は基本的3年から5年で返済する債務整理方法なので、この期間内に返済できないような方は利用が難しいと思ったほうがいいです。

つまり元本の300万円を5年返済(月々5万円返済)で完済が難しいようなら個人再生や自己破産などの別の債務整理方法を検討したほうがいいということです。

個人再生で300万円の借金を返済する場合

300万円個人再生

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、裁判所で再生計画案が債権者に認可されることによって、その再生計画案に沿って返済していくという債務整理方法になります。

個人再生は任意整理とは違ってある程度借金の減額基準が決まっています。個人再生は最低弁済基準額と清算価値のどちらか高い方の金額で返済してくことになります。

借金300万円の場合だと、最低弁済額は100万円です。つまり最大で300万円の借金を100万円まで減らすことができるというです。借金を3分の1にすることができるということなので、かなり大きな借金減額幅ですよね。

ただ個人再生は複雑な債務整理方法なので、できるだけ経験豊富な弁護士に手続きを依頼したいです。

また個人再生はこちらで整理する借金対象を選ぶことはできないので、自動車ローンなどがあると、自動車ローンも整理対象になってしまい、そうなるとローンを完済できないことになるので、自動車をローン会社に引き上げられてしまう可能性があります。

ただ300万円の借金を最大で100万円まで減らせるので、十分に借金問題解決に貢献できる手続方法だと思います。

自己破産で300万円の借金を返済する場合

300万円自己破産

自己破産も個人再生のように裁判所で手続きする債務整理方法です。裁判所で免責を得ることによって借金返済の義務が免除されることになるので、借金問題を一気に解決することができます。

こうしてみると「自己破産すれば全て解決では?」と思う方もいますが、自己破産は「支払不能状態」でないと利用できないという条件があったり、借金理由によっては利用が難しかったり、手続き期間中は一部の職業で職業制限が生じるなどデメリットも多いです。

借金が免除されるという非常に強力な債務整理方法なので簡単に利用できる手続きではないということです。返済できる収入がある人が自己破産しても裁判所から免責が出ない可能性もあります。

しかし、無職無収入や生活保護を受給しているなど、収入がなくて完済できる可能性がないという方には救世主のような手続方法です。

実際に自己破産を利用できるかどうかは、手続き前に弁護士や司法書士に相談して確認しておくといいのではないかと思います。

300万円の借金を債務整理する場合の注意点

300万円債務整理注意点

借金300万円は上記のように利用する債務整理方法を正しく選択すれば十分に借金問題を解決することができます。

ただ債務整理手続きを利用する場合には注意点もあります。

まず、任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理方法は弁護士や司法書士への依頼が基本になってくるということです。手続きが非常に難しいので間違っても自分でやろうとは思わない方がいいです。

自分で手続きすれば依頼費用はかからないですが、失敗する可能性も高く、手続きに時間がかかれば利息負担も大きくなります。また最終的には途中で挫折して弁護士や司法書士に結局依頼するということも珍しくないです。

他にも債務整理をすると「信用情報がブラックリストに登録」されてしまうというデメリットもあります。

信用情報は借金の経歴のようなも乗っで、信用情報に債務整理したという履歴が残ることによって、新たにローンを組んだりクレジットカードが利用できないなどのデメリットが生じることになります。

ただ信用情報の債務整理の履歴は5年から10年で削除されるので、以降は普通にローンを組んだり、カードを利用できるようになります。

300万円の借金返済は弁護士・司法書士の無料相談から!

借金300万円借金返済無料相談

借金300万円が返済できない状況になってしまったら、できるだけ早めに弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用したほうがいいです。

300万円の借金だと利息負担も結構しんどいと思うので、返済が厳しいと思ったらできるだけ早めに相談したほうがいいです。相談が遅れるとそれだけ利息負担で出費が大きくなります。

また相談が遅れてしまって借金の滞納が続くと、最終的には強制執行で資産や給料が差し押さえられることになります。

弁護士や司法書士に相談したからといって必ず債務整理するというわけではなく、自力での返済が今後厳しいということなら利用を検討すればいいと思います。

話を聞くだけなら無料相談なので余計な出費もなく経済的な負担がないので気楽に話を聞けると思います。

また当サイトは無料相談を店舗に出向かなくてもメールや電話で利用できる弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。開いている時間にメールや電話で気軽に相談できるので、相談先に悩んでいるなら参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン