借金返済で行き詰ってしまって債務整理によって借金返済の負担を少しでも軽くしたいと思う方は多いです。

債務整理は合法的に借金を減額したり免除できる手続き方法なので、これまでの借金をまとめて整理することが可能です。

ただ債務整理することによって家族や会社に借金のことがバレてしまうのではないかと心配に思う方も多いです。

実際に債務整理したいけど家族に借金のことがバレるのではないかと思って手続きできない方もいるのではないでしょうか?

そこでここでは債務整理方法別に家族に手続きをバレずに借金を整理できるのか解説しようと思います。

任意整理は家族に内緒でバレずに手続き可能

任意整理家族に内緒

債務整理手続きを利用する場合に一番の利用候補になるのが任意整理だと思いますが、債務整理手続きの中では任意整理が一番家族や会社にバレにくいです。

任意整理は債権者と債務者が交渉して返済条件を変更してもらうという債務整理方法なので、借金のことは依頼した弁護士や司法書士と債権者である金融業者くらいしか知られることはないです。

また、債務整理をすると借金の取立てがストップするので、金融業者から直接連絡が来るという事もなくなります。

さらに任意整理は資産に関係なく手続きすることができるので、資産調査などがないということも借金が家族にバレにくくなる理由の一つです。

任意整理では裁判所が関係してこないので、手続きを依頼している弁護士や司法書士が連絡方法に配慮してくれば借金がバレる要素はないと言えます。

実際に任意整理に関しては「家族にバレずに手続き」ということを謳っている事務所もあるくらいなので、どうしても家族に借金や手続きのことを知られたくないなら、任意整理が一番の利用候補になってきます。

個人再生は家族に内緒でバレずに手続きは難しい

個人再生家族に内緒

個人再生を利用する場合には注意が必要です。

個人再生は任意整理と違って裁判所で手続する債務整理方法なので、借金のことが債権者や弁護士・司法書士だけでなく裁判所にも知られることになります。

個人再生の場合は高額資産があると借金の減額幅に影響が出るため、資産調査などが行われることになります。そのため資産調査によって家族に手続きのことがバレてしまい、借金のことが知られる可能性があります。

また、手続きに関して裁判所から連絡や郵送物が来ることによって家族に個人再生のことが知られてしまう可能性もあります。

ただ個人再生は自己破産とは違って高額資産が没収されてしまうというわけではないので、自己破産よりは家族に手続きのことがバレる可能性は小さいです。

そのため手続きを依頼する弁護士と協力することによって、状況によっては家族にバレずに手続きできる可能性があります。

自己破産は家族に内緒でバレずに手続きは難しい

自己破産家族に内緒

自己破産は家族に内緒で手続するのは難しい債務整理方法だと思ったほうがいいです。

自己破産すれば借金返済の問題を一気に解決することができますが、自己破産するにはいくつかのデメリットがあり、そのことによって家族に借金や手続きのことがバレる可能性があります。

まず、自己破産すると高額資産が没収されてしまうということです。そのため持ち家や家族共有で使っている自動車がある場合には、これらの資産が没収される可能性が高いです。いきなり家や車がなくなったら誤魔化すのは難しいです。

また個人再生と同様に裁判所から連絡や書類が来たり、状況によっては資産調査などがあったりするので、こういった手続き関連のことで家族に借金がバレる可能性があります。

さらに自己破産すると一部の職業で職業制限が生じることになるので、この職業制限に該当すると、手続き期間中は仕事ができないということになるので、そのことによって家族に手続きのことや借金がバレる可能性があります。

自己破産に関しては生活への影響が強いので、家族に内緒で手続することは難しいとお思ったほうがいいです。

家族に秘密で債務整理できる可能性が高い条件とは

家族に秘密債務整理条件

家族に内緒で債務整理するためにはいくつか条件があります。

任意整理に関しては下記の条件を満たしてなくても内緒で手続できる可能性は十分にありますが、個人再生や自己破産を利用するなら、下記の条件は意識しておきたいところです。

家族と同居してない

家族と同居してないというのは家族に内緒で手続する上では結構重要です。

まあ、単身赴任とかごく限られたケースでしか実現しない条件ですが、家族と同居してなければ、裁判所からの債務整理に関する手続き書類や連絡などから家族に手続きのことがバレにくくなります。

一人暮らしをしているような状況なら、自己破産したとしても現在の状況を家族に知られる可能性は低いので、自己破産したとしても家族に知られることなく上手に借金を整理できる可能性があります。

まあ、必ずバレないわけではないですが、自己破産でもあるいは家族にバレない可能性は十分にあります。

夫婦で家計を別々に管理している

夫婦で家計を別々にしているような状況なら債務整理しても家族に借金のことがバレない可能性があります。

昔は夫が働いて妻が専業主婦になり、家計は妻が管理しているということが多かったですが、近年は夫婦共働きで夫婦それぞれ決まった生活費を捻出していて、それぞれ別々に家計を管理しているというケースは増えてきています。

家計が別々なら資産調査された際には、夫婦でそれぞれ自分の資産を明確に分けることができるので、資産調査で債務整理することがバレるというリスクを軽減することができます。

必ずバレないということはないですが、夫婦それぞれ別々に家計を管理している方が、資産調査への影響が小さいというのは何となくわかるのではないでしょうか。

家族共有の資産を持っていない

自分が支払った家族共有の資産がないということも重要になってきます。

自己破産すると持ち家や自動車などの高額資産が没収されてしまうというのは説明しましたが、こういった家族で利用している資産が突然なくなったら手続きのことがバレるのは当然です。

家族共有の資産があったとしても、名義が自分ではなく配偶者名義なら資産没収の対象から外れるので、自分名義の家族共有の資産がないということも重要な条件です。

自己破産するケースだと自分名義で持ち家や自動車を保有しているような状況だと、さすがに家族に内緒にするのは難しいです。

こういったケースで自己破産するなら諦めて家族に相談したほうがいいと思います。

家族に内緒で債務整理するなら弁護士・司法書士の協力は必須

家族に内緒債務整理弁護士司法書士

家族に内緒で借金のことをバレずに債務整理手続きを行うなら、債務整理手続きを実際に行ってもらう弁護士や司法書士の協力は必須です。

裁判所は家族に内緒で債務整理するということについて協力を頼むことはできないですが、弁護士や司法書士なら協力を頼むことは可能です。

弁護士や司法書士に協力を頼むことによって、手続きの際の連絡や書類のやり取りについて配慮してもらうことができ、家族に内緒で手続することが可能になります。

また債務整理に慣れている弁護士や司法書士だと「家族に内緒で手続したい」という顧客からの要望を経験してきているので、どうすれば家族にバレずに秘密にしたまま手続きできるのかというノウハウもあります。

債務整理に慣れている事務所だと「家族に内緒で債務整理」ということをウリにしているところもあるので、家族に秘密で手続したいという方が結構多いということがわかります。

家族に内緒で債務整理なら無料相談しよう!

家族に内緒債務整理無料相談

家族に内緒の借金があって返済することが難しいということなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用するといいと思います。

人によって借金状況や収入状況、保有している資産が違ってくるので、誰で問題なく家族に内緒で手続できるというわけではないです。

そのため、自分の借金状況と利用する債務整理方法から、家族に内緒で手続することができるかは最終的に弁護士や司法書士に判断してもらうのがベストだと思います。

ただ前提条件として、任意整理が一番家族に秘密で手続しやすく、次は個人再生、一番内緒で手続するのが難しいのが自己破産だと理解しておくといいです。

こういったことを踏まえて無料相談を利用して、家族に内緒で債務整理手続きが可能なのかを相談してみてはどうでしょうか。

当サイトで掲載している弁護士事務所や司法書士事務所はメールや電話で気軽に無料相談できる事務所をまとめています。

「とりあえず話だけも聞きたい」という方も気軽に利用することができるので、借金問題を抱えているなら一度下記から無料相談を利用してみてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン