借金返済車引き上げ

借金返済できなくなってしまって、債務整理して借金を減額したり、免責してもらったりすることは借金問題で苦しんでいる人には普通にありえることです。

そこで気になるのが、債務整理による現在乗っている車への影響です。
債務整理をすると何となく資産が没収されるのではないかと思っている人も多いですが、それは債務整理方法だったり、車のローンが残っているかによって違ってくるんですよね。

大前提として最初に考える必要があるのが、車のローンがあるかどうかについてです。

自動車ローンがあると所有権は自分にはないケースが多い

自動車ローン所有権債務整理

車をローンで購入すると、ローンを支払っている現在の状態ですでに所有権が自分にあると勘違いしている人が多いですが、実際には車のローンを支払い終えるまではローン会社に車の所有権があるケースが多いです。

つまり車のローンを支払い終えるまではその車自体に担保がついているような状況になっているということです。

こういった状況を前提として、債務整理方法による車の没収や引き上げ等の影響について解説していこうと思います。

任意整理、個人再生、自己破産それぞれの債務整理方法によって車が残せるかどうかはまったく違ってくるので知っておきましょう。

任意整理の場合は車を引き上げられずに債務整理可能?

任意整理車引き上げ

任意整理は比較的手軽に利用できる債務整理方法として利用している人が多いですがどうなのでしょうか?

任意整理は弁護士費用が安いことでも有名なので利用している人が多いですが、任意整理をすると車にはどうのような影響が出てくるのでしょうか?

車のローンを払い終えている場合と、車のローンを現在も支払っている場合に分けて解説していこうと思います。

任意整理を利用すると車を引き上げられずに残すことはできるのか?

自動車ローンを支払い終えている場合

任意整理を利用して借金返済する場合に、すでに車のローンを払い終えている場合には、車を引き上げられずに債務整理することが可能です。

車のローンを支払い終えているということは、車の名義も本人になっていると思います。

また任意整理は利用したとしても資産を没収される心配はないので、車のローンを支払い終えているなら問題なく車を残したまま引き上げられることなく債務整理することができます。

自動車ローンが残っている場合

車のローンが残っている場合には、車の所有者がローン会社である可能性が高いので、そのまま普通に車のローンを任意整理で債務整理してしまうと車が引き上げられてしまいます。

ローン会社からすると、まだ料金を支払い終えてないのに途中で料金を踏み倒されたら車を引き上げるのは当然ですよね。

ただ任意整理の場合には債務整理の対象になる債務を自分で選択することができるので、車のローンを債務整理の対象から外せば車をそのまま所有することができます

任意整理の場合には、車のローンを支払い終わっても、ローンの支払が残っていても車を残すことは可能です。

車のローンを任意整理しないようにすれば問題なので、あらかじめその事を弁護士に伝えておくといいです。

個人再生での自動車ローンの取り扱いとは

個人再生車引き上げ

個人再生は住宅ローンを支払っている持ち家を残せる債務整理ということで、生活に影響を与えずに債務整理して借金返済したいという人に人気です。

また個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きいので、借金の金額が大きいという人にも向いている債務整理だと思います。

そんな個人再生ですが、車を残せるかについては任意整理よりも条件が厳しいと思ったほうがいいと思います。

個人再生を利用すると車を引き上げられずに残すことはできるのか?

自動車ローンを支払い終えている場合

個人再生を利用する際にすでに車のローンを支払い終えているような場合なら、そのまま車を所有した状態で債務整理することができます

個人再生は借金の減額率が高い債務整理方法として知られていますが、その個人再生の影響で資産が没収されるようなことはないので、すでにローンを支払って自分に所有権がある車なら問題ないです。

ただ車があるとそれが資産だとみなされてしまうので、借金の減額幅がその分だけ小さくなる可能性があるということは知っておきましょう。

自動車ローンが残っている場合

車のローンが残っている場合には注意が必要です。

個人再生の場合には任意整理とは違って、債務整理の対象になる債務をこちらで選択することはできないので、基本的にすべての債務が債務整理の対象になってしまいます。

つまり車のローンも自動的に個人再生の対象になってしまうということです。

車のローンが債務整理されてしまうと、車のローンを踏み倒すことに繋がってしまうので、車が引き上げられてしまいます

個人再生の場合には車のローンを支払い終えているような状況なら車を残したまま債務整理することが可能ですが、車のローンがあるような状況だとローン会社に車が引き上げられることになるので注意が必要です。

自己破産では車を残したまま債務整理するのは難しい?

自己破産車引き上げ

自己破産は良く知られているとおり、借金の免責が認められると、借金を返済する必要がなくなるという究極の債務整理方法です。

借金返済で苦しんでおり、仕事がなく収入もないような状況で借金が返せないような状況になってしまった場合には、最終手段になり得る債務整理方法いなります。

では自己破産の場合の車や車のローンの取扱いはどのようになっているのでしょうか?

自己破産を利用すると車を引き上げられずに残すことはできるのか?

車のローンを支払い終えている場合

車のローンを支払い終えている場合なら任意整理や個人再生なら車をそのまま所有することができますが、自己破産の場合にはちょっと違います。

自己破産をする場合には、持ち家や車などの高額資産が没収されてしまい、それらを配当として債権者に分配することになっているので、ローンを支払い終わった車は資産として没収されてしまう可能性があります。

ただ自己破産で没収される資産は20万円以上のものなので、車の価値が20万円以下の場合にはそのまま車を残せる可能性があります。

車のローンが残っている場合

車のローンが残っているような場合には、自己破産によって車のローンも一緒に免責されてしまって、結果としてローンを踏み倒すことになるので、車は引き上げられてしまいます

個人再生でも説明しましたが、自己破産の場合も債務整理する債務をこちらで選択することはできず、基本的にすべての債務を免責するような形になってしまいます。

ローンが残っている車を自己破産で残すというのはかなり難しいと思ったほうがいいです。

自己破産の場合には車のローンが残っていても、残ってなくても、そのまま車を残した状態で債務整理するのは難しいということがわかると思います。

ただ資産価値がないような古い車なら残せる可能性があるので、自己破産前に車査定してもらって車を価値を調べてもらうといいと思います。

債務整理で車を残したいなら弁護士に相談しよう!

債務整理車残す弁護士相談

借金返済のために債務整理をするとしても、生活に影響がでるような状況は避けたいというのは普通のことだと思います。

ただ上記のように債務整理の方法や車のローンがあるかどうかによって、車が残せるかどうかという状況が大きく変わってきます。

任意整理の場合なら問題なく車を残すことができますが、個人再生や自己破産になってくると車を残していくのが難しいような状況になってくる可能性があります。

特に車のローンが残っているような状況だと個人再生や自己破産で残せる可能性は非常に少なくなってきます。

個人再生の場合では、車のローンがあと少しで払い終わるというような状況だと何とかして支払ってしまいたいと思う人も多いです。

ただ特定の借金だけを返済すると、個人再生が失敗してしまう可能性があるので安易に実行することはできないです。

しかし債務整理に慣れているような弁護士なら裁判所に掛け合って、車を残した状態で債務整理できるように交渉してくれる可能性もあります。

そういった意味でも、しっかりと債務整理に慣れれている弁護士に依頼することが大事になってきます。

当サイトでは借金返済の債務整理に慣れている弁護士事務所をいくつかピックアップしているので無料相談から利用してはどうでしょうか?

メールや電話で気軽に無料相談できるようになっているので参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン