借金が200万円という状況は個人的にはかなり切羽詰まった状況なのではないかと思います。

もちろん住宅ローンなどの一部の借金は含まずに消費者金融やカードローン、ショッピングローンなどで200万円近くの借金があるということなら早めに対策を講じる必要があるのではないかと思います。

そこでここでは借金200万円を完済するためにどういった方法が考えられるのかをわかりやすく解説しようと思います。

借金200万円でも実際に返済するのは300万円?

借金200万円月々返済

借金200万円なら200万円返済すれば借金問題は解決すると思っている方がいますが、それはあくまでも利息を考慮しない場合の計算です。

借金には利息があるので、実際には額面通り200万円で借金問題が解決するということはないです。まあ、知り合いから無利子で借りているなら話は別ですが、そういったのは特殊ケースです。

では実際に借金200万円を完済するのにはどの程度のお金が必要になってくるのでしょうか?

一般的な消費者金融やカードローンなどのケースで、借金額が200万円で借入年率18%、返済期間5年で計算すると完済するまでに約300万円くらい必要になってきます。

借金200万円を額面通り5年で完済するなら約3万3000円の返済になりますが、利息を考慮すると月々の返済額は50786円になります。これが60カ月になるので3047160円が支払合計ということになります。まあ、支払い最終回は若干の調整がありますが、そこは考慮せずに計算しています。

こうしてみると利息負担がどれだけ大きいのかがよくわかると思います。そのため消費者金融やカードローンなどの利息が高めに設定されている借金が多い場合には注意が必要です。

借金200万円が返済できないなら債務整理を検討

借金200万円債務整理

借金200万円とはいっても実際には利息を考慮するとそれ以上の返済額になってしまいます。さらに返済期間が長くなると、それだけ支払う利息も増えるので負担は大きくなります。

人によっては利息負担が重くて元本がなかなか減らずに返済に行き詰っているという方もいると思います。そういった場合には債務整理を検討してはどうでしょうか。

債務整理は交渉や裁判所などで手続することによって借金返済の負担を軽くすることができる手続きのことで、借金問題を抱えている方は数多く救済してきている手続き方法になります。

債務整理には任意整理・個人再生、自己破産という手続き方法があり、借金状況や収入状況によって利用する債務整理方法を選ぶことができます。

他から借金して返済するという方法や時効を待つなどの方法も考えらえられますが、借金で借金を返済するというのは解決にならないですし、時効は成立するまでに何年かかるかわかりません。

そういった意味でも現実的に借金問題を解決するなら債務整理を利用するのが最善だと私は考えます。

下記で200万円の借金を債務整理する場合について解説しているので参考にしてください。

任意整理で200万円の借金を返済する場合

借金200万円任意整理

借金200万円ということなら任意整理で借金を整理する方は多いのではないかと思います。

任意整理は債務者が債権者と交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらうという手続き方法になります。

任意整理は他の債務整理方法とは違い交渉による手続きが主体になる債務整理方法なので、依頼費用は安く、手続き期間も短いという特徴があります。

また持ち家や自動車などの資産をそのまま残しながら手続きすることができるので、日常生活への影響を小さくして借金返済の負担を軽くすることができるという特徴があります。

ただ交渉による債務整理方法なので、借金の元本が大幅に減額されることはないと思います。また交渉がポイントになる債務整理方法なので、依頼する弁護士や司法書士は任意整理の交渉に慣れている事務所を選ぶ必要があります。

しかし上記で見てもわかるように借金200万円でも、消費者金融やカードローン主体の借金だと、5年返済で利息だけで100万円近くになるので、利息が免除されるだけでもかなり返済負担は軽くなると思います。

借金200万円ということなら任意整理が一番最初に検討される債務整理方法なのではないかと思います。

個人再生で200万円の借金を返済する場合

借金200万円個人再生

借金200万円が任意整理では完済することが難しいということなら個人再生を利用して借金を整理することが考えられます。

個人再生は任意整理とは違って裁判所で手続する債務整理方法で、再生計画案に沿って借金を返済してくという債務整理方法になります。

個人再生は裁判所で手続するということもあり、依頼費用は任意整理より高額で、手続き期間も長くなります。

そんな個人再生には最低弁済基準額というものがあり、これが個人再生の借金減額幅の基準になります。この最低弁済基準額と持っている資産の清算価値を比較して高い方が借金返済額になります。

そのため任意整理と違って交渉によって返済条件が変わるという事はないです。

ちなみに借金200万円の最低弁済基準額は100万円なので、借金を半分まで減額することができるということです。個人再生は任意整理とは違って借金を元本から減額することができるので、借金の減額幅は任意整理よりも強力です。

そのため任意整理では200万円の借金の完済が難しかったとしても、個人再生なら完済できる見込みを立てられる可能性は十分にあります。

自己破産で200万円の借金を返済する場合

借金200万円自己破産

個人再生でも借金200万円の完済が難しいということなら自己破産が利用候補になってくるのではないかと思います。

自己破産は個人再生と同じく裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認める事によって借金の支払いが免除されます。つまり借金を払う必要がなくなるということです。

借金200万円の払わなくていいなら最初から自己破産すればいいのではないかと思う方もいますが、自己破産は簡単に利用できる債務整理方法ではなく、「支払い不能状態」であることなどの条件があります。

さらに自己破産すると自動車持ち家などの高額資産が没収されてしまい、一部の職業は手続き期間中に職業制限が発生し仕事に就けなくなります。

他にもギャンブルや浪費、投資などの借金理由は免責不許可事由という自己破産できない事例に該当するなどして免責が得られない可能性があります。

このように自己破産は簡単に利用できる債務整理方法ではないと思っておいた方がいいです。そのため、任意整理や個人再生で借金を完済できる見込みがあるなら、まずはそちらを検討するといいかと思います。

200万円の借金を債務整理する場合の注意点

借金200万円債務整理注意点

借金200万円は債務整理することで返済負担を軽くすることができますが、こういった利用者にメリットが大きい手続きが何のデメリットもなく利用できるとは思わない方がいいです。

利用する債務整理方法によってメリットがあればデメリットもあります。また債務整理手続きに共通するデメリットも存在します。

それが「信用情報がブラックリストに登録」というデメリットです。

信用情報は借金の履歴のようなもので、この信用情報は信用情報機関を通じて金融業者などで情報共有されています。そのため債務整理したという情報は、信用情報機関を通じて他の金融業者にしられることになります。

当然ですが、債務整理したような人は、お金を貸すのが危ないということで、ローンやクレジットカードを申し込んでも審査に落ちることになります。

ちなみにブラックリストというのは巷でこういったデメリットがこのように表現されているだけで、実際にブラックリストがあるわけではにので誤解しないです。

この信用情報のブラックリストは5年から10年程度で削除されるのでずっと続くわけではないです。そのためデメリットには違いないですが、借金生活から抜け出すためにもこのデメリットは気にせずに利用するか検討したほうがいいと思います。

200万円の借金返済は弁護士・司法書士の無料相談から!

借金200万円債務整理無料相談

200万円の借金が返済できないという事なら、早めに弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用して専門家に解決方法のアドバイスをもらうといいと思います。

200万円の借金なら、任意整理・個人再生・自己破産と全ての債務整理方法が利用候補に入ってくると思うので、債務整理について何も知らない方はどの債務整理方法が最適なのか悩むと思います。

また債務整理以外の解決方法を探るという意味でも借金問題の専門家である弁護士や司法書士の話を聞くことは大事です。こういった債務整理に慣れている専門家は色々な借金事例を経験しているので話を聞くだけでも参考になると思います。

当サイトでは債務整理に慣れている無料相談に対応した弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話による無料相談が可能な事務所を載せているので、空いている時間に気軽に相談することができます。もし借金の相談先で悩んでいるなら参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン