借金返済するのが難しい状況になってしまった場合には、色々な対策方法があります。

その中でも親兄弟や友人などから借金せずに、借金問題を解決する方法として、「おまとめローンで借金を一本化する方法」と「債務整理で借金を整理する」という方法が一般的によく利用される方法なのではないかと思います。

どちらも借金返済の負担軽減につながる手続方法ですが、それぞれどのような違いがあり、どちらを利用したほうがいいのでしょうか?

下記でわかりやすく解説しています。

おまとめローンの借り換えで借金を一本化するメリット

おまとめローンの借り換えで借金を一本化するメリット

おまとめローンは金融業者などからの複数の借入先からの借金を一つにまとめて一本化して返済していくというものです。

何となく名前くらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?ここではそんなおまとめローンのメリットをまとめています。

借金を一本化することで返済管理や手続きを簡略化

借入先が複数あるような状況だと、金融機関によって毎月の返済日が違ったりして管理が面倒になります。

また借入先が多すぎると中には返済し忘れてしまっているものが出たりして、遅延損害金などが発生し負担が増えてしまっていることもあります。

さらに返済先が多いと振込手数料などの事務経費の負担も増えてしまうこともあり、管理が面倒なだけでなく、余計な費用負担が発生することにもなります。

しかし借金を一本化すると、返済日がまとめられるだけでなく、振り込み手数料も節約することができます。

借金を一本化することで利息を低く抑えられる可能性がある

おまとめローンを利用すると借金の利息を低く抑えられる可能性があります。

消費者金融やカードローンなどの借金は利息負担が大きいですが、銀行関係のおまとめローンは利息が低く抑えられています。

そのため、おまとめローンを利用することによって利息負担を軽減することができ、そのことによって借金の支払総額を抑えることが可能になります。

借金返済で困っている側としては、利息負担が減ることで借金の支払総額が少なくなるというのは非常に大きなメリットだと思います。

おまとめローンの借り換えで借金を一本化するデメリット

おまとめローンの借り換えで借金を一本化するデメリット

おまとめローンによる借り換えで借金を一本化すると上記のようなメリットがありますが、逆にデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

審査に落ちてしまう可能性がある

おまとめローンは複数ある借金を借り換えして一本化することになるので、当然ですが借入金額はかなり大きな金額になります。そのため審査は厳しくなります

また、おまとめローンをで金利が安い銀行系の金融機関は当然ですが消費者金融と比べると借入審査は厳しいです。

おまとめローンで銀行などの金利が安い機関で有利に借り換えをしようと思ったら、審査に落ちる可能性も考慮する必要があります。

借金の元本が減ることはない

借金の一本化では利息負担が軽減できる可能性は十分ありますが、借金の元本が減るわけではないので注意が必要です。

つまり借金の元本の返済すら厳しい状況だと、おまとめローンで借金を一本化したとしても完済の見込みはないということです。

おまとめローンの利用を検討しているなら、借金一本化後に借金を完済できる見込みを立ててから利用することを忘れないようにしましょう。

返済期間が長くなる可能性がある

おまとめローンで借金を一本化すると毎月の返済額を減らすことが可能になり、毎月の負担は小さくなります。

ただ借金が減るわけではないので、その分だけ返済期間が長くなってしまうので注意が必要です。

また返済期間が伸びることによって、利息負担の合計額が増えてしまい、借金の支払総額が増えてしまう可能性もあります。

借金一本化と債務整理の違いとは

借金一本化と債務整理の違い

借金返済の負担を軽くする方法として、おまえとめローンによる借金一本化と債務整理のどちらを利用しようか悩む方もいると思います。

そこで借金一本化と債務整理の違いについて下記で簡単にまとめてみたのでよかったら参考にしてください。

債務整理は借金を減額・免除できる

債務整理と借金一本化の大きな違いは、借金一本化は借金の利息を減らすことは可能ですが、借金の元本を減らすことができないです。

しかし、債務整理は利用する債務整理方法によっては借金の元本を減額することができるだけでなく、自己破産を利用すれば借金返済の義務を免除することもでき、事実上借金をゼロにすることも可能です。

つまり債務整理は実質的に借金を減額することができるので、借金の減額成果なら債務整理の方が圧倒的に強力だといことになります。

債務整理は信用情報がブラックリストに登録される

借金一本化は利用することによって金融業者から大きなデメリットが発生することはないですが、債務整理を利用すると信用情報がブラックリストに登録されることになります。

信用情報は借金の履歴のようなもので、信用情報がブラックになると、債務整理したことが他の金融業者にも知られることになってしまい、一定期間は新たにローン組んだり、クレジットカードを作ることができなくなったりします。

つまり債務整理をすると借金整理したことが信用情報機関を利用している金融業者に共有されることになり、新たにローンなど借金することが一定期間は無理になるということです。

債務整理は依頼費用や手続き費用が必要

借金一本化する場合には金融業者の審査を受けることになりますが、基本的には多額の費用が発生することもないので、費用負担で悩むことはないです。

しかし債務整理のケースだと、弁護士や司法書士への依頼費用や、裁判所に納める手続費用などが必要になってきたりします。

借金を抱えている側としては依頼費用や手続費用の負担は非常に大きなものですが、債務整理の場合は借金の減額幅が依頼費用や手続費用を上回るのが普通なので、総合的には債務整理したほうが負担軽減につながります。

借金の元本を減らすなら債務整理を検討しよう!

借金元本減額債務整理

借金の一本化を利用するなら、おまとめローンに対応している金融機関に相談することになりますが、債務整理を利用するなら弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するのが最初のステップになります。

債務整理に関しては弁護士や司法書士に手続きを依頼するのが一般的なので、まずは気軽に無料相談を利用して、債務整理を利用することによって借金がどの程度減額するのかということや、債務整理による日常生活の影響や、依頼費用の見積もりなどを出してもらうことができます。

おまとめローンと違って債務整理は手続き後に信用情報がブラックリストに登録されるなどデメリットも生じます。そのため事前にしっかりと内容について把握しておくことが重要になってきます。

当サイトでは債務整理に対応している無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話による無料相談が可能な弁護士や司法書士をまとめているので、債務整理で借金の減額を検討していて、無料相談での相談先に悩んでいるなら参考になると思います。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
お金がなくて借金返済できなくなってしまった場合に、債務整理で借金整理したいけど手元にお金がないので弁護士や司法書士への依頼費用が払えないという方も多いです。しかし債務整理は手元に全くお金がなくても大丈夫です。まずは無料相談から借金問題解決をきっかけにしましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン